ゴルフのルールやゴルフに関する説明

ゴルフのパッティング・打ち方

ゴルフのパッティングの打ち方について紹介したいと思います。ゴルフのパッティングで距離感がなかなか安定しない場合は、手首をこねている打ち方になっていると思います。ゴルフのパッティングの基本はストローク式になります。両手首は固定しておいてストロークするのが一番いいゴルフのパッティングの方法です。右手は手の平側には曲げないで、左手も甲側に曲げないでアドレスのそのままの形でストロークします。ゴルフのパッティングの方法はもう一つあって、両肩を中心にしてストロークを行うというやり方です。アドレスで作った姿勢を変えずに肩のターンだけでストロークをしていきます。この両方のゴルフのパッティングの方法は両方とも手首を固定させてテークバックとフォローの降り方の幅が同じになるようにストロークをします。

11そしてゴルフボールが自分の思い通りの方向に行く用にするためには、目標にしている線の上でゴルフボールの先50センチくらいのところに目印をつけていて、そこの上をゴルフボールが通るようにすれば上手にゴルフのパッティングの打ち方が出来ると思います。ゴルフのパッドのラインの読み方はグルーンの状態はフェアウェイにいるときからmj手置くといいと思います。見るときのポイントとしては、グリーンの高い部分と低い部分を知っておくことでそのグリーンの構造がわかると思いますからそれを役立ててゴルフのパッティングにつなげます。

厳選6

# サイト名 PR リンク