ゴルフのルールやゴルフに関する説明

ゴルフ・パッティング

ゴルフのパッティングについて紹介したいと思います。ゴルフのパッティングは、スコアアップでは一番重要な課題です。一般的には18ホールのコースの中でパー72が基準打数に決められていますから、その中の半分の32だがパットになります。ゴルフのパッティングはそれだけ意外と沢山やらなければいけませんから、ゴルフのスコアーにも大変関わってくると思います。ゴルフのパッティングが上達すればゴルフの腕も上がってくると思います。ゴルフのパッティングの練習は必ずやっておいたほうがいいでしょう。

ゴルフのパッティングのアドレスは特に決められた形というのはありませんから、自分で打ちやすいアドレスでゴルフのパッティングをすればいいと思います。パッティングは自由にやればいいとはいっても、毎回パッティングの方法が違っているのではなかなか安定することがないと思いますから、自分の中でのパッティング方法というのは決めておいたほうがいいと思います。ゴルフのアイアンなどのアドレスと近いようなアドレスでするのがゴルフのパッティングでは理想的だといわれています。ゴルフボールのイチは、構えたときに、左目の真下にくるようにして、ゴルフボールと目の間隔をきちんと保つようにするとパッティングが上達します。

厳選5

# サイト名 PR リンク