ゴルフのルールやゴルフに関する説明

ゴルフのグリーン・ルール

ゴルフのグリーンのルールについて抜粋して紹介したいと思います。例えば、ゴルフの自分の順番を待っているときに、グリーンの横でゴルフのパッティングの練習をした場合にはグリーンの横であっても、うえであっても、違反になってしまいます。プレーをしているときの練習は2罰打になるといわれています。ゴルフのラウンドをしているときにストロークをしてもいいといわれているのはホールとホールの間でゴルフのプレーを終わったばかりのホールのグリーンの時だけです。また、ほかの人がゴルフのプレーをしているときに、自分の球を打ってしまった場合には、2罰打ということになります。また天候によっては雨が降っている場合がありますが人に傘をさしてもらって打ったりするのも2罰打になります。

ゴルフのグリーンのルールは他にもありますが、例えばパターのソールで打ってカップインさせてしまった場合にはクラブのどの部分でゴルフボールを打っても問題は特にありませんから、ソールの部分でカップインしても特に罰は受けません。もしも自分のゴルフボールが他の人が打ったバンカーショットの砂でかかって死また場合には、、元の状態に戻してもいい事になっています。

ゴルフ・グリップ

ゴルフのグリップについて紹介したいと思います。ゴルフのグリップは、ゴルフを行う人とゴルフクラブをもつ接点になっています。ゴルフのグリップはゴルフを正しくスイングするためには、とても重要なことになっています。ゴルフのグリップの種類は色々とあります。ゴルフのクラブのをいかに上手にコントロールして、力を効率よく伝えることができるかはとても重要なことです。ゴルフのグリップは右手が左手の上に来るように左手から右手といった順番で握るのが一般的です。左手のグリップはクラブが指の付け根にくるようにクラブを持って握るのがいいといわれています。ゴルフクラブを握るときには、拳にあまりクラブが行かないようにして、浅めにもって握るのがゴルフのグリップの握り方です。

ゴルフのスイングとゴルフのグリップの握り方関係があると言われていて、正しいゴルフのスイングができるということは、きっちりとゴルフのグリップを握っているということになります。ゴルフをこれから始めようかと考えている人はゴルフのスイングの練習よりも、まずはゴルフのグリップの正しい握り方をマスターするほうがいいと思います。ゴルフの正しいグリップの握り方ができるようになれば自然にゴルフのスイングも良くなりますしよく飛ぶようになります。

ゴルフのグリップ・素材

ゴルフのグリップと素材について紹介したいと思います。ゴルフのグリップは最近では色々な種類のものが販売されています。ゴルフのグリップの素材や重さ、太さというのはただ単にデザイン性や持ちやすいというだけでなく、一般のゴルフを楽しむ人が思っている以上に実はゴルフの技術に影響を与えているのです。ゴルフのグリップは昔は皮で作られたものが主流でしたが、最近では皮でできているゴルフのグリップというのはあまり見かけなくなりました。ゴルフのグリップは最近ではゴム以外の素材もどんどん増えて生きています。

ゴルフのグリップの素材でEPDMと呼ばれる素材があるのですがこれはコンパウンド素材のゴルフのグリップで、このグリップを使う人が多くなっているようです。

ゴルフのグリップの素材のコンパウンド資材は、ゴムよりも柔らかくてしっとりしている感触のグリップがいいと思っている人はとても気にいるのではないでしょうか。ウィンのゴルフのグリップは、新しい素材のグリップを使っていて、持ち易い感触になっています。ゴルフのグリップでゴムを使っているものでは天然のゴムと合成のゴムを使っているものがありますが、それにプラスしてコードが入っているものもあります。

ゴルフコース・基礎

ゴルフのコースについて紹介したいと思います。ゴルフのショートコースといわれている練習用のゴルフコース以外のコースは、一般的には18ホールあります。それぞれのゴルフのホールには規定の打数が決められていてパー3のホールをショートホールと読んでいますし、パー4のゴルフのホールはミドルホールと呼んでいます。一般的にゴルフの前半の9ホールは、アウトといって、後半の9ホールというのはインと呼ばれています。それぞれのゴルフのホールには、フェアウェー、ラフ、グリーン、バンカー、池、ティーボックスなどから作られています。そしてゴルフのホールの外はアウトオブバウンズといって略してOBと呼ばれています。

ゴルフ場のコースのグリーンは芝をとてっ短く刈っていてスムースな面に下がっています。そしてその周りのエプロンといわれている場所は少し濃い芝が惹かれています。ゴルフのホールは、カップを意味しているのですがティーからグリーンのすべてをホールという言い方で言われていることもあります。ゴルフでは18ホールのコースが二つ三つあるということになります。ゴルフのコースを知っておかなければ実際にゴルフ場でコースに出たときにはどうすればいいのかよくわからない人も多いかもしれませんから、少しくらいゴルフコースの知識を入れておくといいと思います。

ゴルフ・シャフト

ゴルフのシャフトについて紹介したいと思います。ゴルフのシャフトはスチールシャフトとグラファイトシャフトの二つの分けることが出来ます。少しでもゴルフボールを遠くに飛ばそうと思っているゴルフのドライバーの場合には、グラファイトシャフトが使用されていますが、ゴルフのアイアンは、どちらかというと、ゴルフボールを飛ばすというよりも、正しく打つことが大切なゴルフクラブですからスチールシャフトが使われることが多いようです。ゴルフクラブのそれぞれの特徴は、ゴルフクラブのシャフトの硬さやゴルフシャフトの長さや重さなども大切ですし、キックポイントやトルクによっても左右されます。そしてゴルフのシャフトとヘッドの相性も関係してくるようです。

ゴルフのクラブヘッドの重さや重臣の距離と重心角はゴルフのシャフトとヘッドのかかわりが大きいといわれています。ゴルフのヘッドスピードとスイングのタイプによってどんなシャフトがあっているのかが決まるといわれています。ゴルフのヘッドスピードが早くて力が強い人は、硬い思いトルクの低めのものがいいのですが、ヘッドスピードは早いのに、スインガーといわれているゴルフプレイヤーの場合には硬さは硬すぎず、トルクも中くらいのシャフトがいいと言われています。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.pearsonprophoto.com/" target="_blank">http://www.pearsonprophoto.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。